HOME>トピックス>身体が不自由な人が乗り降りや運転をするための仕様

目次

特別な機能を備えた車

介護車

福祉車両とは、障がいを持っている人や高齢者などでも、問題なく使用できるようにしてある車のことです。一般的な自動車の一部を改造したものや、最初から福祉車両として製造してあるものなど、色々な種類があります。そして、スロープやリフトなどを搭載していて、乗り降りがしやすいようにしてあるものが多いです。また、手足が不自由な人が運転できるように、手でアクセルとブレーキのコントロールができるようになっている、運転補助装置付きの福祉車両もあります。その福祉車両が活躍できる場面は幅広く、介護施設などで事業用として使用される他、障がい者や高齢者がいる家庭で自家用車として使用されることもあります。

介護式と自操式に分かれる

福祉車両は、介護者が基本的な操作を行う介護式と、身体が不自由な人が自ら操作する自操式に分かれます。介護式として代表的なのは、後部に取り付けられるスロープやリフトで、車いすに乗った人を乗り降りさせます。そして、車体の横側にリフトが付いているタイプもあり、車いすのまま持ち上げるものや、シートがリフトになっているものなどに分かれます。自操式の場合は、シートがリフトになっているタイプがほとんどで、利用者が車いすからシートに移動して乗り込みます。運転補助装置は、足が不自由な人向けだとハンドルの横にアクセルとブレーキレバー、手が不自由な人用は足にペダル式のハンドルが取り付けられています。

広告募集中